FX初心者におすすめのレバレッジ設定について解説
ふじき
ふじき

FXトレーダーの藤木です!

今回はFX初心者にぜひ知ってもらいたい「レバレッジ」という制度について解説します!

レバレッジはFX最大のメリットですが、初心者にとっては何倍で取引したら良いのか悩むところですよね。
FXを取り扱うサイトや書籍では、レバレッジ=危険という意見が多いですが、本当なのでしょうか?

この記事ではレバレッジとは?という基本的な解説をした上で、レバレッジをかけるメリット・デメリット、FX初心者におすすめのレバレッジ設定について説明します!
ぜひ最後までご覧ください!

FX初心者が知っておくべきレバレッジ制度とは?

FX初心者が知っておくべきレバレッジ制度とは?

FXを行うとき必ず目にする単語がレバレッジですが、意外にもその中身について知っている方はさほど多くありません。

しかし、レバレッジは極めて重要であり、FXが投資初心者におすすめされる理由はレバレッジがあるからこそなのです!

ここでは

  • FXのレバレッジの仕組み
  • 初心者はレバレッジなしでFXを始めるのは難しい?

という項目を説明していきます。

FXのレバレッジの仕組み

FXのレバレッジの概要

FXのレバレッジとは、自分の資金(証拠金)の何倍で取引するかという倍率のことです。

もちろん、初心者の方はこれだけでは全く意味がわからないと思いますので、具体例を交えて見ていきましょう。

例えば、米ドル円のレートが110円の時に1万通貨を取引するとします。

通常であれば110×1万=110万円が必要ですが、レバレッジをかけることで必要資金を減らすことが可能になります。
日本のFX会社の場合、最大レバレッジが25倍なので取引額の25分の1でFXが運用できるということです!

  • レバレッジ2倍の場合:110万÷2=55万円
  • レバレッジ25倍の場合:110万÷25=4万4000円

実際のFXではレートが動くので、常にこの額で取引ができる訳ではありませんが、初心者の方は基準として覚えておくと良いでしょう。

FXを始めるにあたって最低限必要となる証拠金については、次の記事で詳しく解説しているので初心者の方はこちらもご参考ください。

必要証拠金の関連記事

初心者はレバレッジなしでFXを始めるのは難しい

初心者はレバレッジなしでFXを始めるのは難しい

FXについて解説しているサイトや書籍などでは「レバレッジは危険」であるという意見が多く、確かにそれは一理あります。

しかし、実際のところ初心者がレバレッジ無しでFXを行うのはかなり難しいでしょう。

その理由は、レバレッジが無ければ莫大な資金が必要となるためです。

先ほどの例と同様に米ドル円のレートが110円の時、レバレッジが無ければたった1万通貨の取引を行うのに110万円の資金が必要になります。

これだと裕福な人しかFXトレーダーになれないですよね。

1万通貨では1円レートが動くごとに1万円増減しますが、米ドル円はレートが1日に1円も動けばかなり多い方です。
そんな状況でわざわざ100万円も用意する必要はないでしょう。

しかし、レバレッジを25倍かければ必要資金は4万4000円で済むので、初心者でも比較的簡単に用意することができます。

このようにレバレッジは、大きな資金を用意できない初心者がFXを行うためのありがたい仕組みであると言えるでしょう。

FX初心者が知るべきレバレッジのメリットデメリット

FX初心者が知るべきレバレッジのメリットデメリット

FXでレバレッジをかけるメリットとデメリットを知れば、初心者でもリスクを減らしながら運用することが可能です。

レバレッジのメリット

まず、レバレッジのメリットは先ほど説明したようにFXに必要な資金を大幅に減少することができるため、初心者でも少額のスタートで沢山の利益を生み出すことが可能になることです。

レバレッジのメリット

デメリットは過度にレバレッジをかけると大損するリスクがあることです。

少ない投資額をかけているつもりでも実際の取引額は何倍にもなっているので、損失も比例して大きくなります。

FX初心者は「レバレッジをかけて稼ぎを大きくしてやろう」と考えてしまうと大きな額を注ぎ込んでしまう恐れがありますので注意して下さい。

また、レバレッジを高く設定しすぎると、少しの為替変動でも含み損が大きくなり、強制ロスカットされやすくなるので注意が必要です。

強制ロスカットとは、持っているポジションが全て強制決済されることを言い、FX自動売買を行なっている時に損失が発生し、証拠金維持率が一定水準を下回った場合に行われます。

X自動売買における強制ロスカットとは?

強制ロスカットの仕組みや強制ロスカットを防ぐ対策については、次の記事で詳しく解説していますので、ぜひこちらもご参考ください。

強制ロスカットの関連記事

FX初心者におすすめのレバレッジ設定

FX初心者におすすめのレバレッジ設定

結論から言うとFX初心者のレバレッジ設定は、トレードのスタイルで決めるべきです。

一般的には次のように使い分けます。

  • 長期取引:レバレッジを小さく設定
  • 短期取引:レバレッジを大きく設定

長期取引のレバレッジ設定

長期取引のレバレッジ設定

FXの長期取引の場合は、相場が一時的に逆行することに備え、口座に資金を多く入金するのが基本です。

レバレッジをかけすぎて口座内の資金を小さくしてしまうと、少し逆行しただけですぐに損切りしなければならなくなります。
含み損を放置していると、取引が強制終了されるロスカットに遭う恐れがあるので注意が必要です。

短期取引のレバレッジ設定

短期取引のレバレッジ設定

FXの短期取引の場合は、逆行が起こった場合すぐに損切りをするので資金の減りが少なく、口座内に大きな資金を入れておく必要が無いのです。

このため、自然とレバレッジは大きくなります。
25倍程度のレバレッジであればかけても問題ないでしょう。

一般的な書籍やサイトではレバレッジをかけることが危ないことであると考えられており、FX初心者には5倍程度がオススメされていますが、自分の状況に合わせて適切な対応をして下さい。

初心者にもおすすめのレバレッジ規制のないFX業者

初心者にもおすすめのレバレッジ規制のないFX業者

FXの最大の利点であるレバレッジですが、残念なことに国内のFX業者は最大レバレッジが25倍までと定められています。

そんな中、注目されているのがレバレッジ規制のない海外FXです。

ハイレバレッジ=危険というイメージがあるかもしれませんが、利用するFX業者によっては「ゼロカット方式(追証なし)」を採用しているものもあります。

以下の記事では初心者におすすめの、国内・海外含めたFX業者を紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

おすすめのFX業者関連記事

まとめ:FX初心者におすすめのレバレッジ設定について解説

まとめ:FX初心者におすすめのレバレッジ設定について解説<

今回はFXのレバレッジについて、基本的な解説やメリット・デメリット、FX初心者におすすめのレバレッジ設定について説明しました!

最後にこの記事のまとめです!

この記事のまとめ
  • FXのレバレッジとは、自分の資金(証拠金)の何倍で取引するかという倍率のこと
  • レバレッジ制度により少額からFXをスタートできるため、初心者でも取引が始めやすい
  • 過度にレバレッジをかけると大損するリスクがあるため、初心者は特に注意が必要
  • 初心者にとって適切なレバレッジ設定は、長期取引か短期取引か、トレードのスタイルで決まる

レバレッジは危険との見解も多いですが、上手くリスク回避をすれば初心者でも少額で大きな利益獲得が狙えます!

ぜひ、自分に合ったFXの運用方法を見つけて、レバレッジを上手に取り入れてください!