マネーパートナーズのFX自動売買HyperSpeedNEXTについて解説
ふじき
ふじき

FXトレーダーの藤木です!

今回はマネーパートナーズ」が提供するFX自動売買システムについて、以下の内容で解説していきます!

  • マネーパートナーズが提供するFX自動売買システムHyperSpeedNEXTの概要
  • マネーパートナーズが提供するFX自動売買システム
  • マネーパートナーズが提供する2つのFX自動売買システムの基本情報
  • マネーパートナーズが提供するFX自動売買のメリット
  • マネーパートナーズが提供するFX自動売買デメリット

なお、高勝率かつ安定して稼げるおすすめのFX自動売買システム(EA)について知りたい方は、こちらの記事で紹介していますのでぜひ参考にしてください!

おすすめ記事FX自動売買の基礎知識やおすすめのシステムをご紹介!

マネーパートナーズが提供するFX自動売買システムHyperSpeedNEXTの概要

マネーパートナーズが提供するFX自動売買システムHyperSpeedNEXTの概要

「HyperSpeedNEXT」は、マネーパートナーズが独自に提供しているFX専用の取引ツールです。

発注やリアルタイムでのチャート表示など、様々な機能が備わっています。

そして数ある機能の1つに、自動売買機能が搭載されています。

HyperSpeedNEXTで運用できる自動売買の種類は大きく分けて2つあります。

①連続予約注文
②オリジナルのストラテジーを作成

それぞれ詳しくご紹介致します。

マネーパートナーズのFX自動売買「連続予約注文」とは

マネーパートナーズが提供する「HyperSpeedNEXT」で行うことができる「連続予約注文」とは、何円で買って何円で売るといった注文を、連続で予約できるFX自動売買の方法です。

「リピート系」に括られる注文方式です。

例えば、「1ドル=100円の時にドルを買って、102円の時に売る」というように設定しておけば、条件が合ったタイミングで売買を繰り返してくれます。

「連続予約注文」では、新規注文と決済注文を最大20回までしか予約することが出来ないため、20回が終わったら手動で連続予約注文の設定を再入力する必要があります。

また、逆指値注文ができないということから、通常のFX自動売買よりも手間がかかってしまうデメリットがあります。

マネーパートナーズのFX自動売買「ストラテジー作成」とは

マネーパートナーズのFX自動売買「ストラテジー作成」とは

マネーパートナーズが提供する「HyperSpeedNEXT」では、26種類のテクニカル指標からオリジナルのストラテジーを作成することができます。

最初に売買ルールなどを設定し、作成したストラテジを稼働させることで、あとはルールに従って自動的にFX自動売買が行われます。

また、バックテスト機能を使ってストラテジーの効果を検証することも可能です。

マネーパートナーズが提供するFX自動売買システムの基本情報

マネーパートナーズが提供するFX自動売買システムの基本情報

FX自動売買システム「HyperSpeedNEXT」は、マネーパートナーズで口座開設をすれば追加料金なしでダウンロードすることができます。

マネーパートナーズには「パートナーズFXnano」「パートナーズFX」の2つのコースがあり、取引可能な通貨ペア数や最低取引単位が異なります。

それぞれの特徴をご紹介致します。

【パートナーズFXの基本情報】

  • 通貨ペア:20通貨ペア
  • 最低取引単位:1万通貨単位
  • デモ機能:あり
  • スプレッド:0.3銭(米ドル/円)

【パートナーズFX nanoの基本情報】

  • 通貨ペア:18通貨ペア
  • 最低取引単位:100通貨単位
  • デモ機能:なし
  • スプレッド:0.3銭(米ドル/円)

なお、どちらのコースも取引手数料は無料で、最大レバレッジは25倍となっています。

マネーパートナーズが提供するFX自動売買のメリット

マネーパートナーズが提供するFX自動売買のメリット

マネーパートナーズが提供しているFXツール「HyperSpeedNEXT」で自動売買を行うことには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

次の3つのメリットについて触れていきましょう。

マネーパートナーズが提供するFX自動売買のメリット
  • コストが安い
  • 約定力が高い
  • バックテストが可能

コストが安い

コストが安い

マネーパートナーズでFX自動売買を行う最大のメリットが、コストが安い点です。

通常自動売買はスプレッドが大きいですが、HyperSpeedNEXTは裁量取引の時と全く同じスプレッドでのトレードができます。

しかもこの会社は他の会社と比べても優秀です。

米ドル円で0.3pips、トルコリラ円で1.9pipsと最も狭い水準なので変な通貨ペアを選ばない限りはスプレッドの心配はありません。

普通は最も狭い米ドル円ですら2pips程度であり、スプレッドが稼ぎにくい要因の一つとなったりすることもあるので大変嬉しいポイントと言えるでしょう。

約定力が高い

約定力が高い
FX自動売買を行う上で注目しなければならないのが、約定力の高さです。

約定力とは、スリッページや約定拒否が発生せずに、意図したタイミングで取引を成立できる力のことを言います。

マネーパートナーズは8年連続約定力No.1を売りにしています。

FX自動売買において、約定拒否が起こると損する場合もあるため、約定力が高いということが大きな魅力になります。

バックテストが可能

バックテストが可能

マネーパートナーズのHyperSpeedNEXTでは、自分の作成した自動売買プログラムのバックテストができます。

もちろん、相場は変わりゆくものなのでバックテスト通りの結果になることはまずありませんが、事前にどのくらいの成績を出せるのかがある程度わかるというのは大きなメリットです。

別々のストラテジーを同時に稼働させた場合のバックテストをすることも可能であり、幅広いユーザーに対応できます。

マネーパートナーズが提供するFX自動売買のデメリット

マネーパートナーズが提供するFX自動売買のデメリット

マネーパートナーズが提供しているFXツール「HyperSpeedNEXT」で自動売買を行うことには、デメリットもあります。

マネーパートナーズが提供するFX自動売買のデメリット
  • 自動売買機能が使いづらい
  • スプレッドが原則固定の時間は限られている

自動売買機能が使いづらい

自動売買機能が使いづらい

マネーパートナーズの「HyperSpeedNEXT」はFX自動売買に対応していますが、設定は自分自身で行わなければなりません。

一通りテクニカル分析について覚えておかないと、全く使いこなせないでしょう。

そのため、FX知識に乏しい初心者の方には難しい方法であると言えます。

スプレッドが原則固定の時間は限られている

スプレッドが原則固定の時間は限られている

マネーパートナーズのスプレッドが原則固定なのは朝の8時から翌朝の5時までです。

朝の5時〜7時59分まではスプレッドがかなり不安定になるので注意しましょう。

これとは別に経済指標の発表などの時にも開くので原則固定の時間帯にも気を抜くことはできません。

マネーパートナーズよりもおすすめのFX自動売買システム

マネーパートナーズよりもおすすめのFX自動売買システム

今回、マネーパートナーズが提供するFX取引ツール「HyperSpeedNEXT」で可能な2種類の自動売買システムについて解説致しました。

マネーパートナーズの自動売買は、低コストで取引したい方や資金が十分にない方にとっては魅力が大きいシステムです。

しかし、次のような人にはおすすめできません。

・手間をかけずに取引したい
・知識に乏しい

では、上記のような人にはどのようなFX自動売買システムがおすすめなのでしょうか?

以下の記事では、おすすめのFX自動売買システムを厳選して紹介しています。

おすすめのFX自動売買システム関連記事

こちらの記事で紹介しているのは、過去のバックテスト結果を見ても、長期的に安心して利益を出せる自動売買システムとなっております。

ぜひ参考にして、比較してみてください。

まとめ:マネーパートナーズのFX自動売買HyperSpeedNEXTについて解説

まとめ:マネーパートナーズのFX自動売買HyperSpeedNEXTについて解説

今回は、マネーパートナーズ が提供するFX自動売買システムの特徴や長所・短所などを解説致しました!

少し上級者向けではあるものの、自分が納得するストラテジーを作りたいという方は、一度マネーパートナーズを利用してみてはいかがでしょうか。